シンガポール国民的パンについて

食の都シンガポール(自称)で、もしも最後の晩餐に何が食べたいか、と問われれば、
“いえ、シンガポールには特に食べたい物何もないので適当でいいっす。”と答える可能性が大きいけれど、毎日生活をしていて、何度か繰り返し食べたくなる物もいくつかあります。

その代表がこれ。

その名はフロス。

シンガポール国民全員が知っている(けど他の国の人は誰も知らない)シンガポール名物です。

シンガポールで一番うまいパン屋については前に書かせてもらいましたが、

このフロスというのは、シンガポール中のあらゆるショッピングモールに必ず入っているパン屋BREAD TALKの看板メニューです。
(BREAD TALKのHPはこちら

日本人的にはビジュアルからカレーパンを想像するけれど、まったく違っていて、
予想をいい意味でななめ上を行くというか、想定の1キロ先を行くその味に驚愕してしまいました。
え、そう来たか、という感じ。

これは日本人には思いつかない発想だし、
シンガポール以外では食べたことない個性的なパンです。

私の場合、ほぼ毎日1個は食べています。
1個1.8ドルだからお財布に優しい。
シンガポールに来たらぜひ食べてもらいたい一品です。
特に一番ノーマルのチキンフロストがおすすめ。

ちなみにBREAD TALKはHPのとおり、このフロスト一本で超巨大外食チェーンに成長してしまった企業で、同グループにはTOAST BOX とかRAMEN PLAY (この二つも大抵どこのショッピングモールにも入っている)があり、シンガポールの鼎泰豐も実はこの会社が運営しています。

そんなBREAD TALKですが、東京でUndateableな女子達がこぞって通うフランス系のベーカリーではなく、
日本の昔のパン屋さんのパンの懐かしい味がするので、他のパンもみんなおすすめです。

Pocket

citrouille

投稿者: citrouille

シンガポール在住歴1年未満のフレッシュです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA